現在は、iOSもAndroidアプリも、ネイティブで開発が主流です。

しかし、今後数年で、HTML5アプリに置き換わっていくという予測もあります。

じゃぁ、現状はどうするべきかっていうと、ブームになっているのは
ハイブリッドアプリと言われる、ネイティブではブラウザと最低限のデバイス機能だけ用意して、実際の動きはWEB側で行っちゃうっていうアプリ。
(ガワアプリ) 

いずれHTML5になっていくとしても、現在は流通上、AppstoreやGoogle playを経由して配布しないわけにもいかないから、

中味はHTML5でできていて、外側だけネイティブアプリになっている、ハイブリッドアプリで提供するわけですね。



HTML5で作って、簡単にネイティブアプリに変換できるフレームワークの2強が

Phonegap と Titanium mobile

今後のスキルアップ計画としては、こういうものを使いながら、HTML5の力を磨いて、いつか来る、HTML5アプリ時代に活躍できるようにしておくっていうのがいいのかも。


ちなみに、phonegapでもTitanium mobileでも、UIや動きのスピードなどでネイティブに負けてしまうことが多いため、UI部分として、以下の2つが使われることが多いようです。

jQuery mobile

sencha Touch


( ことごとく英語・・)


この4つを覚えてオープンプラットフォーム時代にむけて
スキルアップっすね!