最近のマークアップ界隈を観察してみると、

HTML5でマークアップするときは2つのjsを読み込ませるのが多いみたいです。

ie9.js とhtml5shiv.js


■ ie9.js

これは、internetexplore6,7,8をie9に近づけるためのライブラリ。

・position:fixed;
・max-heightやmin-heightなどの最大サイズ設定 
・aタグ以外での:hover
・margin:0 autoで中央寄せ 
・透過PNG

・opacityで透明度 


などなどを対応させるという。

これまでIE6やIE7のハックをしてきたコーダーの方々にとっては、

「そうそう、IE6と7に対応させるときは大体ソレだよね」

なやつらですね。
 
ちなみに入れるときは、ie9以下にだけ読み込ませるようにしときましょう。

<!--[if lt IE 9]>
<script src="js/ie9.js"></script>
<![endif]-->

ie9.jsはこちらでダウンロードできます。




■  html5shiv.js


これはIE8以前のブラウザにも、HTML5のタグをちゃんと認識させるためのライブラリ。

こちらでダウンロードできます。