サイトをリニューアルしたとき、古いページがサーバー内に残っちゃうことがよくある。

でもその、もう使っていないhtmlファイルを消してしまうのはもったいない。

その古いページもおそらく、google等にインデックスされたページであり、
もしかしたら、誰かがブックマークやリンクをしてくれているかもしれないページだからね。

なので、そういうときは、古いhtmlにアクセスされたら新しいページに行くように
リダイレクト(転送)をかけることになる。


一番オーソドックスなのは、html内にメタリフレッシュを書く、というもの。

<meta http-equiv=”refresh” content=”0; URL=http://新ドメイン/”>

 これをhead内に書く。


でも、htmlが多い場合は、いちいちhtmlを変更していくのが面倒だ。


そういう場合に便利なのは、

.htaccessファイルを使って、転送するページを一括で指定してしまう、というやり方。

.htaccessファイルの作り方、アップの仕方等は、検索してもらうとして、

転送するときのhtaccessファイルの書式は、以下。

Redirect 301 /company.html http://hogehoge.com/company.html 
Redirect 301 /voice.html http://hogehoge.com/voice.html 
Redirect 301 /inquiry.html http://hogehoge.com/inquiry.html 
Redirect 301 /service.html http://hogehoge.com/service.html

これだけを、ファイル内に書いてサーバーにアップする。
(public_htmlとかの直下にアップするのがいいですね)

Redirect 301・・・301リダイレクトをしますよ、という意味。
/company.html・・・このページを転送しますよ。
http://hogehoge.com/company.html・・・このURLに転送しますよ。

という意味。 

よくみると、半角スペースで区切ってあるので注意です。 


これを使えば、いちいちhtmlファイルをいじらないで済むので楽ですね!
※htaccessが使えるかどうかは使っているサーバーを確認してください。 

 
ところで、この301リダイレクト、というのをすることで、

以前のページが受け取っていたSEOパワーを新しいページに引き継ぐことができます。

リダイレクトして少し放っておくと、googleさんのほうで、
転送先のページが新しいページとして、インデックスし直してくれるし、
SEOパワーは以前のまま(少し落ちる?)。


このへんをおろそかにすると、お客さんの集客にご迷惑をかけることになるので、
301リダイレクトは必須で行いましょう。


ところで、htaccessが使えないサーバーの場合は、最初に書いた、

meta refreshを使う方法でも転送時間を0秒にすれば、301リダイレクトと同じ意味として
扱ってくれるらしい。