マークアップエンジニアとかWEBディレクターとかをやってる僕が、自分が詰まって、解決したことをここに残しておきますよ。

codekitの自分が触ってるプロジェクト以外のファイル更新で自動リロードがかかるのを防ぐ

codekit使ってます。

codekitの一番いいのが自動リロード機能。
htmlを更新した時に自動でブラウザをリロードしてくれる。cssを更新したときには、ブラウザをリロードせずにcssだけをヌルっと変更してくれるので、ページの途中を作ってる時や、jsでひらいたメニュー内を作ってるときも大活躍する。

その自動リロードで悩ましいことが1つあった。

うちの会社で複数の人間がcodekitをつかってそれぞれの案件をコーディングしてるとき、自分が作業中のファイルを更新してないのに、dropbox内の別のプロジェクトを誰かがいじっていると彼のいじったファイルが更新されたことでこっちまでオートリロードかかっちゃうことがたびたびあって。

cssをちょこちょこいじってるのに勝手にリロードかかってページの上にぶっとばされるのは非常にストレスなので、どうにかなんねぇのかな、と思ってたら、

普通にどうにかなるやつだった。

codekitのプロジェクト一覧をひらくと、ズラッと並んでるプロジェクトの右側にチェックボックスがある。
自分が触ってないプロジェクトに関してはこれをはずしてdisableにしておくだけ。

こんな簡単なことなら、さっさと調べたほうがよかったね。


スニペットツールDashの自動入力が使えなくなったのを解決

Dashというスニペットツール、コーディングで使っていた。

mac book proを3年ぶりに買い替えて(それによってOSもsierraになって)みたら、使えなくなってしまった。
Dashをたちあげて「use」をクリックしてペーストするのは機能するんだけど、文字を打ち込みながら自動で入力される機能が動かない。

自動で入力されないと意味ないんだYOーーーーーーーーーーーーーー!!

んで、なかなか調べても解決策みつからなかったんだけど、ようやく見つけた。

システム設定でDash appのアクセスを許可してなかったんだね・・・。


システム>セキュリティとプライバシー>アクセシビリティ


dashcapcha

このキャプチャではうつってないけど、左下のカギマークをクリックしてパスワードをいれたあと、Dash.appにチェックをいれる!

そうしたら直った。

やれやれだぜ

list indices must be integers, not strというエラー(python)

テキストファイルから読み込んだ数字と文字列を結合しようとしたらこのエラーが出た。

TypeError: list indices must be integers, not str

直訳してみると

リスト(配列)のインデックスは整数でなきゃダメです。文字列じゃなくて。


リストのインデックスというのは

datas = []
というリストがあったとして
datas[1]
の1の部分がインデックスなんだけど、そこが数字以外だとだめですよってことっぽい。


for文で

for a in range(len(datas)):
print datas[a]

というようにaをインデックス番号にしようとしことがエラーの原因だった。

aにはインデックス番号がはいってくるけど、これ整数じゃなくて文字列なのね?

整数に変えてみる。

for a in range(len(datas)):
b = int(a)
print datas[b]


としたら解決!
 
記事検索


手ぶらで通話 - bluetoothヘッドセット

1時間1円で暖かい。電気毛布。

夏のPC仕事のおともに冷えピタ。クールヘッドで脳のスピードがあがります。

お仕事のご依頼・お問い合わせはこちら

コーディングのお仕事が得意です。

info(あっと)tacshock.com
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ